旋盤、フライス盤等での、部品加工において被加工物を手じめで容易にチャッキングでき、油圧、空圧等の設備を必要としないコレットチャックの装置

開放特許情報番号
L2015001089
開放特許情報登録日
2015/6/4
最新更新日
2015/6/4

基本情報

出願番号 特願2008-229329
出願日 2005/10/4
出願人 永森 光政
公開番号 特開2009-018419
公開日 2009/1/29
登録番号 特許第4705977号
特許権者 永森 光政
発明の名称 チャック装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 旋盤、フライス盤等の工作機械での部品加工
目的 多種の素材の加工に際し、被加工物に合せ、コレット(市販品)が選択でき、コレットホルダーに合せチャック本体への取り付けも容易で、加工範囲が広がりコレットホルダー固定時、芯ブレ補正もでき、高精度な加工を、目的とするコレットチャック
効果 大量の被加工物の、着脱を繰り返しても、一定の締結力で被加工物を締結でき、繰り返し安定した精度が得られ作業効率を高めることができる
技術概要
 
チャック本体外周に3等配の、ピニオンギヤー角穴にハンドルを入れ回転することで、本体内に組込れたカサ歯車が回転する。カサ歯車の内径にネジ合せした直動部材(外径にカサ歯車とネジ合せ 内径に調整ネジ合せのネジ部)を本体に圧入された支持ピンで回転を止めることで、この部材はチャック本体の前面へ、又ハンドルを逆転すると後面へ直動する、この直動部材にコレットホルダーにコレットをキー合せし装着(内径にコレット連結ネジ部とワークストッパー用ネジ部、外径に調整ネジ加工)
この部材にコレットネジを連結、チャック前面より本体中芯穴にコレットホルダーを回しながら直動部材ネジ部と連結する、コレットで被加工物の締りの強、弱をトルクストッパーで調整し、コレットホルダーを固定する、直動部材に連動してコレットが被加工物を締結、開放となる構造
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【不要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【不要】 
対価条件(ランニング) 【不要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 

登録者情報

登録者名称 永森 光政

技術供与

技術指導 【可】
技術指導料 【不要】 
コンサルティング 【可】
コンサルティング料 【不要】 

事業化情報

事業化条件
必要設備 【無】 
必要環境 【無】 
設備費用 【無】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
追加開発 【不要】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
Copyright © 2017 INPIT