思い出し支援用プログラム、思い出し支援方法、及び思い出し支援装置。

開放特許情報番号
L2015001082
開放特許情報登録日
2015/6/3
最新更新日
2015/6/3

基本情報

出願番号 特願2013-170009
出願日 2013/8/19
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2015-037509
公開日 2015/2/26
発明の名称 思い出し支援用プログラム、思い出し支援方法、及び思い出し支援装置。
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 思い出し支援用プログラム、思い出し支援方法、及び、思い出し支援装置
目的 喚語困難者であっても、自身で喚語を可能とする思い出し支援用プログラム、思い出し支援方法、及び、思い出し支援装置を提供する。
効果 本発明によって、喚語困難者であっても、自身で喚語を可能とする思い出し支援用プログラム、思い出し支援方法、及び、思い出し支援装置を提供することができる。
技術概要
本発明に係る思い出し支援用プログラムは、コンピュータに、質問を表示し質問に対する回答を得る手順、使用者の持つ概念に対応する語句候補を表示させる手順、を実行させる。また、本発明に係る思い出し支援方法は、質問を表示し質問に対する回答を得る手順、使用者の持つ概念に対応する語句候補を表示させる手順を含む。また、本発明に係る思い出し支援装置は、質問を表示する質問表示部、質問に対する回答を入力する回答入力部、使用者の持つ概念に対応する語句候補を表示させる語句候補表示部と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT