鉄鋼スラグを原料とするハイドロ複合体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2015001081
開放特許情報登録日
2015/6/3
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2014-164316
出願日 2014/8/12
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2015-038022
公開日 2015/2/26
登録番号 特許第5843118号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 鉄鋼スラグを原料とするハイドロ複合体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、制御・ソフトウェア
適用製品 鉄鋼スラグから有価なハイドロ複合体を製造する方法
目的 鉄鋼スラグに含まれる成分全体を有効利用することで、スラグ廃棄分を減らしつつ、ハイドロ複合体を製造可能な新規製造方法を提供する。
効果 鉄鋼スラグをアルカリ溶融処理して溶融屑とすることで、鉄鋼スラグが易溶化されるとともに粉末化され、ハイドロ複合体を製造するにあたって、スラグ含有成分全体を利用可能な形態とされ、簡易な工程でゼオライトやハイドロガーネット等のハイドロ複合体を製造することができる。また、固体状塩基が用いられているため別途成分を添加せずとも溶液をアルカリ性とすることができ、工程を簡略化してハイドロ複合体を製造することができる。さらに、スラグ全体の再利用により、ゼロエミッションを達成でき、循環型社会に大きく貢献し得る。
技術概要
鉄鋼スラグを含有する原料に、固体状塩基を添加・混合S1し、混合物を作製する、混合物作製工程と、混合物作製工程で得られた混合物を、100〜1000℃の温度で溶融させ溶融屑を作製する溶融屑作製工程S2と、溶融屑作製工程で得られた溶融屑を、溶媒に添加して溶液とし、当該溶液からハイドロ複合体を生成させる、ハイドロ複合体生成工程S3と、を有する製造方法とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT