形質転換体及びその作出方法

開放特許情報番号
L2015001078
開放特許情報登録日
2015/6/3
最新更新日
2015/6/3

基本情報

出願番号 特願2013-197595
出願日 2013/9/24
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2015-062359
公開日 2015/4/9
発明の名称 形質転換体及びその作出方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 植物等の真核生物の形質転換体(品種)及びその作出方法
目的 植物等の真核生物の生長量(バイオマス)を数倍に増大する形質転換体の作出方法および当該技術により作出された形質転換体を提供する。
効果 植物等の真核生物の生長量(バイオマス)を数倍に増大する形質転換体の作出方法および当該技術により作出された形質転換体を提供することが可能となる。
また、バイオマスを増大することができれば、穀物、野菜、薬用植物の生産量を増大することができ、植物工場など施設園芸作物生産の採算化に貢献できる。
さらに、植物などの培養細胞を用いた有用物質の物質生産の効率を高めることが可能になるため、ランやリンゴなどの植物は、開花までに数年間を要しているが、この年限を短縮することも期待することができる。
技術概要
RNAポリメラーゼIIにより転写される遺伝子のプロモータ配列に、異なる種から単離した45S rRNA遺伝子の少なくとも一部を連結した構築物を含む形質転換用ベクターを用いる真核生物の形質転換体の作出方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT