地震計が設置されていない地点における地震動の推定方法

開放特許情報番号
L2015001054
開放特許情報登録日
2015/5/15
最新更新日
2015/5/15

基本情報

出願番号 特願2010-193138
出願日 2010/8/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2012-052814
公開日 2012/3/15
登録番号 特許第5587101号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 地震計が設置されていない地点における地震動の推定方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 地震動の推定方法
目的 地盤調査結果を有効に利用して地震計の新設や移設を行った後の地震動の推定を的確に行い、鉄道や道路などへの警報出力を地震計を新設や移設する前に把握することができる、地震計の新設や移設を行った後の地震動の推定方法を提供する。
効果 新設・移設後の地震動を推定することにより、地震警報の出力状況等を推定することができ、新設・移設の効果を定量的に把握することができる。
例えば、地震計を増設することにより、鉄道や道路などの運転規制回数がどの程度増加するか、あるいは、地震計を移設することにより、運転規制回数がどの程度減少するかを見積もることができる。
技術概要
互いに近接する地震計設置箇所と地震計設置予定箇所とにおける地震動の増幅特性をそれぞれ常時微動のH/Vスペクトルから予め求めておき、前記地震計設置箇所および前記地震計設置予定箇所の基盤が共通であり、この基盤から入力する地震動が共通である場合、前記地震計設置箇所および前記地震計設置予定箇所のH/Vスペクトルの比を地盤増幅度Rとして、前記地震計設置予定箇所の地震動S↓Y (f)を前記地震計設置箇所の地震動S↓X (f)に前記地盤増幅度Rを乗ずることにより推定することを特徴とする地震計が設置されていない地点における地震動の推定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT