パンタグラフ用舟体及びそれを有するパンタグラフ

開放特許情報番号
L2015001050
開放特許情報登録日
2015/5/15
最新更新日
2015/5/15

基本情報

出願番号 特願2010-209357
出願日 2010/9/17
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2012-065492
公開日 2012/3/29
登録番号 特許第5473847号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 パンタグラフ用舟体及びそれを有するパンタグラフ
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 電気鉄道車両のパンタグラフ用舟体
目的 パンタグラフからすり板体が外れた後も、安全に走行できるように改良された舟体を提供する。
効果 舟体上面の、すり板体がはめ込まれる凹部の端部を、斜め上向きに傾斜したテーパ面としたので、舟体の上面にトロリ線の外方向の移動を妨げるような箇所が存在しない。したがって、万一すり板体が舟体から外れた場合にも、トロリ線はテーパ面に案内されて外方向へ移動し、トロリ線に過大な力がかかるような事態を防ぐことができる。
技術概要
電気鉄道車両のパンタグラフの枠組上に昇降可能に支持され、トロリ線と摺動するすり板体を保持するパンタグラフ用舟体であって、
前記すり板体は、バネによって前記舟体に対して上方に付勢されており、該舟体の上面には、前記すり板体がはめ込まれるはめ込み部が、前記車両の左右方向に延びるように形成されており、該はめ込み部の左右端部が、外側上向きのテーパ状となっており、万一前記すり板体が前記舟体から外れて、前記トロリ線が前記舟体の前記はめ込み部内を摺動せざるを得なくなった場合に、前記トロリ線を前記はめ込み部のテーパ状の前記左右端部に沿って前記はめ込み部の外方向へ案内できることを特徴とするパンタグラフ用舟体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT