列車制御方法、進路制御方法、車上装置及び管理装置

開放特許情報番号
L2015001049
開放特許情報登録日
2015/5/15
最新更新日
2015/5/15

基本情報

出願番号 特願2010-214785
出願日 2010/9/27
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2012-066756
公開日 2012/4/5
登録番号 特許第5613511号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 列車制御方法、進路制御方法、車上装置及び管理装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策、制御・ソフトウェア
適用製品 列車の在線位置を検出する方法
目的 在線位置を検出するための新たな仕組みを提案する。
効果 走行中に小型無線タグから読み取った識別情報をタグリスト情報と照査するといった簡易な手法により、自列車の在線位置を適切に検出することができる。
小型無線タグに隣接距離を記憶させておくことで、小型無線タグから識別情報を読み取る際に、隣接する小型無線タグまでの距離情報をも併せて取得することができる。
車上装置と管理装置との間で確認を取りながら進路開放を行うことで、列車運行の安全性を確保することができる。
技術概要
車上装置が行う自列車の列車制御方法であって、
識別情報が記憶された小型無線タグが軌道に沿って設置された当該軌道のうち、自列車の走行予定区間に設置されている小型無線タグの識別情報が走行順と対応付けられたタグリスト情報を管理装置から取得する取得ステップと、
前記タグリスト情報の取得完了信号を前記管理装置に送信する取得完了信号送信ステップと、前記取得完了信号を受信した前記管理装置が前記走行予定区間の進路構成を完了とすることで発する進行現示の指示信号を受信して車上信号機を進行現示とする進行現示制御ステップと、自列車の走行中に前記小型無線タグと通信を行って当該小型無線タグに記憶された識別情報を読み取る読取ステップと、前記読取ステップで読み取られた識別情報を、前記タグリスト情報と照査することで自列車の在線位置を検出する位置検出ステップと、を含む列車制御方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT