土壌中の油分の分析方法

開放特許情報番号
L2015001042
開放特許情報登録日
2015/5/15
最新更新日
2015/5/15

基本情報

出願番号 特願2010-124484
出願日 2010/5/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-252707
公開日 2011/12/15
登録番号 特許第5451532号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 土壌中の油分の分析方法
技術分野 情報・通信
機能 洗浄・除去、検査・検出
適用製品 機械油、軽油、重油、グリース、植物油等の各種油分の分析(検出)方法
目的 土壌試料と低級アルコールとを混合した後、該混合液をろ過することになるが、該ろ過は、土壌と低級アルコールとの混合液の濁りを除去すること。
効果 土壌中に含有する油分を簡便に分析するにあたり、炭酸水に過飽和状態で溶解している炭酸ガスが発生することになって水(炭酸水)−アルコール系全体での物理的、化学的な撹拌が効率よくできることになって油分の析出が迅速で確実になる。
技術概要
土壌に含有する油分の分析方法であって、水に溶解する低級アルコールと土壌試料とを混合した後、該混合液をろ過したろ液に、炭酸水を添加して混合することで炭酸ガスが発生した後の混合溶液の濁度を測定することにより油分の分析をするようにしたことを特徴とする土壌中の油分の分析方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT