無線通信方法

開放特許情報番号
L2015001010
開放特許情報登録日
2015/5/11
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2013-088685
出願日 2013/4/19
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2014-212482
公開日 2014/11/13
登録番号 特許第6124294号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線通信方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信方法
目的 複数のユーザが同一地域において同一の時間・周波数スロットを利用することができるようにして、当該地域におけるシステムのスループットを向上することのできる無線通信方法を提供する。
効果 時間・周波数スロットの有効活用と、システムのスループットの向上を実現することができる。
技術概要
ベクタープリコーディングを用いるマルチホップの無線通信方法であって、
基地局が第1ホップレシーバへと第1信号を送信する第1送信工程と、前記第1信号を共存トランスミッタが受信する第1受信工程と、前記共存トランスミッタが受信した前記第1信号を、前記共存トランスミッタと前記第1ホップレシーバとの間のチャネル情報に基づくベクタープリコーディングを用いてデコードする第1デコード工程と、前記共存トランスミッタがデコードした前記第1信号のベクタープリコーディングを、前記共存トランスミッタおよび共存レシーバ間のチャネル情報に基づいて行うプリコーディング工程と、
ベクタープリコーディングされた前記第1信号が前記共存トランスミッタから前記共存レシーバへと送信される間に、前記共存トランスミッタにより増幅された前記第1信号が前記第1ホップレシーバへと送信される第2送信工程と、を備えることを特徴とする無線通信方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT