空間光通信装置用レドームおよび空間光通信装置用レドームを備えた光通信局

開放特許情報番号
L2015001001
開放特許情報登録日
2015/5/11
最新更新日
2015/5/11

基本情報

出願番号 特願2013-111453
出願日 2013/5/28
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2014-232902
公開日 2014/12/11
発明の名称 空間光通信装置用レドームおよび空間光通信装置用レドームを備えた光通信局
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 空間光通信装置用レドームを備えた光通信局
目的 空間光通信装置が行う光通信に悪影響を及ぼすことなく外部環境から空間光通信装置を保護し温度安定化すると共に、背景光の影響を低減し空間光通信装置の通信方向を外部から不可視化できる空間光通信装置用レドームを提供する。
効果 波面調整手段により波面補正された通信光が光学レドームを透過すると直進性の高い平面波に戻ることで、通信光のビーム拡散を抑制するので、光学レドームの存在によって通信光が拡散して光通信の実用距離が著しく減ぜられることを防ぎ、地上−航空機間や地上−衛星間といった長距離の光通信を良好に行うことができる。
技術概要
空間光通信を行う空間光通信装置を覆う半球状の透光性ドームに、予め定めた光通信用の波長帯域を透過させると共に可視光の波長帯域を反射させる機能性薄膜を形成したことを特徴とする空間光通信装置用レドーム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT