貫入試験システム、土質判定装置、貫入試験方法およびコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2015000950
開放特許情報登録日
2015/4/29
最新更新日
2016/2/23

基本情報

出願番号 特願2014-110652
出願日 2014/5/28
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2015-224489
公開日 2015/12/14
発明の名称 貫入試験システム、土質判定装置、貫入試験方法およびコンピュータプログラム
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 貫入試験システム、土質判定装置、貫入試験方法およびコンピュータプログラム
目的 作業者の熟練度の違いやSWS試験の実施環境の違いによる判定結果の差を抑制すること。
効果 作業者の熟練度の違いやSWS試験の実施環境の違いによる判定結果の差を抑制できるという効果が得られる。
技術概要
貫入試験機2は、地中に貫入されるスクリューポイント10内に設けられた共鳴室内に生じる音を収音するマイクロフォンを備える。土質判定装置5は、前記共鳴室の大きさに応じた共振周波数に基づいて、前記マイクロフォンが収音した音から検査対象の音信号を抽出する抽出部と、前記抽出部により抽出された検査対象の音信号と基準データとに基づいて土質を判定する判定部と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT