脂質ラフトのクラスター形成抑制剤

開放特許情報番号
L2015000947
開放特許情報登録日
2015/4/29
最新更新日
2016/1/27

基本情報

出願番号 特願2014-097203
出願日 2014/5/8
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2015-214500
公開日 2015/12/3
発明の名称 脂質ラフトのクラスター形成抑制剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 細胞膜における脂質ラフトのクラスター形成抑制剤等
目的 細胞膜における脂質ラフトのクラスター形成を効果的に抑制することができる、脂質ラフトのクラスター形成抑制剤等を提供すること。
効果 細胞膜における脂質ラフトのクラスター形成を効果的に抑制することができる、脂質ラフトのクラスター形成抑制剤を提供することができる。また、細胞によるエンドサイトーシス抑制剤や、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制剤を提供することもできる。
本発明の上記各抑制剤は、凝固第9因子(F9)の重鎖(トリプシンドメイン)と軽鎖との間に存在する中間部のペプチド(F9-APペプチド)を含むものであるが、正常細胞に対する障害性は低く、副作用等が無いものと推察される。
技術概要
本発明にかかる脂質ラフトのクラスター形成抑制剤は、血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメイン(重鎖)部分と軽鎖部分とを除いた部分を含むペプチド、その誘導体、あるいはこれらの塩を含むことを特徴とするものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT