ビグアニド誘導体化合物

開放特許情報番号
L2015000944
開放特許情報登録日
2015/4/29
最新更新日
2016/7/27

基本情報

出願番号 特願2012-546927
出願日 2011/12/1
出願人 学校法人日本大学
公開番号 WO2012/074040
公開日 2012/6/7
登録番号 特許第5935219号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 ビグアニド誘導体化合物
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 ビグアニド誘導体化合物
目的 神経変性疾患等に関与しているNMDA受容体及びASIC1aの両者を同時に阻害し、種々の神経系疾患の予防及び治療に有用な新たな化合物を提供する。
効果 本発明化合物(1)は、NMDA受容体及びASIC1aの両者を強力に阻害し、かつ細胞毒性が弱いことから、NMDA受容体又はASIC1aが関与する種々の疾患、例えばアルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、脳脊髄損傷、筋萎縮性側索硬化症等の神経変性疾患の予防治療薬として有用である。
技術概要
一般式(1)(式中、X↑1はハロゲン原子を示し、R↑1はアルキル基、置換基を有していてもよいアリール基又は置換基を有していてもよいアラルキル基を示す)で表されるビグアニド誘導体、その塩又はそれらの水和物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT