蛍光体

開放特許情報番号
L2015000943
開放特許情報登録日
2015/4/29
最新更新日
2017/5/15

基本情報

出願番号 特願2013-045024
出願日 2013/3/7
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2014-172954
公開日 2014/9/22
登録番号 特許第6103695号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 蛍光体
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 残光性に優れた蛍光体
目的 赤色の範囲において長時間の残光性能を有する蛍光体及びその製造方法を提供する。
効果 本発明は、残光時間、残光減衰傾向、発光帯域(発光バンド)などの特性面に優れ、さらに少量の付活材により、赤色の範囲において可視光照射に基づく長時間の残光性能を有する蛍光体の提供を実現することが可能となる。
技術概要
濃度0.2mol・dm↑(-3)の塩化ストロンチウム水溶液(A)にあらかじめ塩化プラセオジウム(III)七水和物(初期Pr/Sr原子比:0.003)と、塩化ユウロピウム(III)六水和物(初期Eu/Sr原子比:0.0001)を添加しておき、この混合溶液と濃度0.2mol・dm↑(-3)の硫酸アンモニウム(B)を攪拌混合し、塩化ストロンチウム水溶液(A)―硫酸アンモニウム(B)の混合溶液を生成する。合成温度を室温で、反応時間30分程度攪拌した後、該混合溶液をろ紙等でろ過する。こうして母体結晶SrSに対し、ユウロピウム(Eu)とプラセオジウム(Pr)を付活剤として添加し、液相反応により合成される蛍光体が製造可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT