電磁波発振器

開放特許情報番号
L2015000908
開放特許情報登録日
2015/4/24
最新更新日
2016/9/28

基本情報

出願番号 特願2015-001772
出願日 2015/1/7
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-127211
公開日 2016/7/11
発明の名称 電磁波発振器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電磁波発振器
目的 極めて簡単で1μm以下の小型サイズの構成により、局所的で連続的なテラヘルツ帯電磁波の発振を可能とする。
効果 本発明によれば、超伝導ストリップを用いた、小型な、かつ、極めて単純な構成により、局所的なサブテラヘルツ(ミリ波)からテラヘルツ(サブミリ波)までの周波数領域の電磁波の発振ができる。また、本発明によれば、発振周波数の掃引も容易にできる。
技術概要
電磁波発振器10は、穴12が穿設された直方体形状の超伝導ストリップ11と、直流電流源13とから構成されている。超伝導ストリップ11は長手方向と直交する方向の幅が1μm以下の例えば数百nm程度が望ましい。超伝導ストリップ11の厚さは幅より十分薄く、長さは幅の数倍以しである。また、穴12は、直径が超伝導ストリップ11の幅の数分の一程度が望ましく、幅方向の非対称位置あるいは対称位置に穿設されている。直流電流源13は超伝導ストリップ11の一端から超伝導ストリップ11の長手方向に沿って直流バイアス電流を流す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT