無線信号の受信方法及び受信装置

開放特許情報番号
L2015000878
開放特許情報登録日
2015/4/23
最新更新日
2015/4/23

基本情報

出願番号 特願2011-247731
出願日 2011/11/11
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2013-106142
公開日 2013/5/30
登録番号 特許第5669046号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 無線信号の受信方法及び受信装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 希望端末からの信号を受信する干渉キャンセラ技術
目的 通信品質を改善する受信装置において、干渉信号が受信される場合に、選択性フェージング環境において希望信号の抽出効果が小さくなるという問題を解決することができる無線信号の受信方法及び受信装置を提供すること。
効果 本発明によれば、非同期で到来するパケット信号に対し、干渉信号を抑圧しつつ、希望信号の受信を可能にするという効果が得られる。
技術概要
従来から複数のアンテナを有し、アナログフィルタを用いて主信号に指向性を向け、干渉信号を抑圧する方式についての研究が盛んに行われている。予めアナログ回路で信号対雑音電力比を高めるように受信することで、アナログ・デジタル変換器の数を減らすことができ、また、干渉信号の影響を除去することで、信号検出・AGC(Auto gain control)・AFC(Auto frequency control)の精度を高めることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT