地震時における列車制動方法及びそのシステム

開放特許情報番号
L2015000843
開放特許情報登録日
2015/4/17
最新更新日
2015/4/17

基本情報

出願番号 特願2011-046428
出願日 2011/3/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2012-183853
公開日 2012/9/27
登録番号 特許第5628070号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 地震時における列車制動方法及びそのシステム
技術分野 機械・加工、電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 列車の制動方法及びそのシステムの最適化
目的 地震時における列車制動方法及びそのシステムを提供。
効果 本発明によれば、地震情報が誤報であり警報キャンセル情報を受信した場合や安全が地震発生後にごく短時間で確認された場合、列車を停止させることなく、素早く再加速させることができる。
さらに、被害推定の信頼性に対応した警報レベルに応じて列車の制動特性を変えるようにすることができる。
技術概要
地震計が接続される地震検出側制御装置を設置し、該地震検出側制御装置の無線送信装置から地震情報を列車の車上搭載制御装置の無線受信装置へ送信し、前記地震情報に基づいて電力モード制御装置を作動させることにより、マスコンとインバータ制御装置を作動させて列車停止制御モードに切り換え、列車ブレーキ制御装置を稼働可能にすることを特徴とする地震時における列車制動方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT