圧力変動吸着分離用吸着筒の設計方法及び圧力変動吸着分離装置

開放特許情報番号
L2015000801
開放特許情報登録日
2015/4/14
最新更新日
2015/4/14

基本情報

出願番号 特願2002-161385
出願日 2000/6/27
出願人 大陽日酸株式会社
公開番号 特開2003-033618
公開日 2003/2/4
登録番号 特許第3884328号
特許権者 大陽日酸株式会社
発明の名称 圧力変動吸着分離用吸着筒の設計方法及び圧力変動吸着分離装置
技術分野 無機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 酸素PSA装置
目的 圧力変動吸着分離法により空気中の酸素を製品として採取するにあたり、電力原単位を低減できる特定寸法及び形状の吸着剤に対して最適な形状の吸着筒の設計方法及び圧力変動吸着分離性能に優れた圧力変動吸着分離装置を提供する。
効果 酸素PSA装置の電力原単位を最小にすることができる。また、吸着剤に対して特定の関係が成立するように吸着筒を形成することにより、酸素PSA装置の性能を向上させることができる。
技術概要
 
圧力変動吸着分離法により空気中の酸素を分離採取するための吸着剤を充填した吸着筒を、吸着剤のサイズが、吸着剤が球状のときは直径を、吸着剤が円柱状、楕円球状、楕円柱状のときは相当直径を、a[mm]としたときに、空筒速度u[m/sec]が、u=0.07aa+0.095の±25%の範囲になるように設定する。特に、前記吸着塔に使用される吸着剤は、該吸着剤をタイラー標準ふるいで粒径分布を測定したときに、該粒径分布が12メッシュから20メッシュまでの範囲の吸着剤粒子が少なくも70%以上含まれていること、あるいは、吸着剤の直径又は相当直径aが、1.0±0.2mmの範囲であることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大陽日酸株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT