超音速航空機用排気ノズルの低騒音化方法およびその機能を備えた装置

開放特許情報番号
L2015000783
開放特許情報登録日
2015/4/10
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-146339
出願日 2012/6/29
出願人 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2014-009613
公開日 2014/1/20
登録番号 特許第6066040号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 超音速航空機用排気ノズルの低騒音化方法およびその機能を備えた装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 超音速航空機に用いることができる、排気ノズルの騒音低減の技術
目的 推進性能を確保した上で装置を大型にしない軽量で単純機構を用いた超音速航空機用の可変排気ノズルの騒音低減方法を提示し、更に、その装置を提供する。
効果 超音速航空機用排気ノズルの低騒音化方法は、高い推進性能を確保されると共に、ノズル先端領域に縦渦が誘起され、該縦渦が排気速度の外縁での減速および外気との混合を促進することによって、効果的に低騒音化を図ることができる。
超音速航空機用排気ノズルは、可変機構の方法も自由度があり、より簡素かつ軽量な、低騒音可変排気ノズルの構築が可能である。
技術概要
エンジンの後方に連結される排気ノズルにおいて、離陸時にはノズル先端領域に縦渦を誘起できる断面形状、巡航時には先細末広の断面積分布となるように形状が可変する機能によって、超音速航空機用排気ノズルの離陸時の低騒音性と巡航時の高い推進性能を確保する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT