リセットワインドアップ対策を有するフィードバック制御装置

開放特許情報番号
L2015000723
開放特許情報登録日
2015/4/8
最新更新日
2015/4/8

基本情報

出願番号 特願2012-021853
出願日 2012/2/3
出願人 国立大学法人 名古屋工業大学
公開番号 特開2013-161206
公開日 2013/8/19
発明の名称 リセットワインドアップ対策を有するフィードバック制御装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 フィードバック制御装置及びその制御装置における操作量を算出方法
目的 操作量飽和を有する制御器を含む制御系において、多くの状況に対してリセットワインドアップを十分に抑制する制御器を提供する。
効果 操作量飽和を有する制御器を含む制御系において、多くの状況に対してリセットワインドアップを十分に抑制する制御器を提供できる。
技術概要
第1の目標値信号と制御量信号を入力し、第1の操作量信号を出力するフィードバック制御装置において、第1の操作量信号は第2の操作量信号に対して飽和器により飽和演算が施されたものであり、第2の操作量信号と第1の操作量信号の差の信号に対して補正要素を通した信号を目標値補正信号とし、第1の目標値信号から前記目標値補正信号を減じた信号を第2の目標値信号とし、前記フィードバック制御装置における制御演算を状態変数表現したとき、前記制御演算における状態変数の値は第2の目標値信号と制御対象からのフィードバック信号と前記状態変数により更新され、第2の操作量信号は第1の目標値信号と前記制御量と前記状態変数により算出され、比例動作でもなく積分動作でもない制御動作を含むことを特徴とするリセットワインドアップ対策を有するフィードバック制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT