ロングシートの座席を仕切る区画ベルト

開放特許情報番号
L2015000687
開放特許情報登録日
2015/4/3
最新更新日
2015/4/3

基本情報

出願番号 特願2011-168048
出願日 2011/8/1
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-032055
公開日 2013/2/14
登録番号 特許第5662275号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 ロングシートの座席を仕切る区画ベルト
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 ロングシートを仕切る区画ベルト
目的 鉄道車両の急停止時や列車衝突時の乗客同士のぶつかり合いによる傷害を軽減することができる、ロングシートの座席を仕切る区画ベルトを提供する。
効果 鉄道車両の急停止時や列車衝突時の乗客同士の重なるぶつかり合いによる傷害を軽減することができる。
従来の仕切り板と比較して仕切るベルトは布製であるので、頭部が当たったとしても傷害は低減される。
従来の仕切り板より薄くなり、現状の車内の腰掛けにも設置しやすい。
従来の仕切り板と比較して車内の閉塞感が無く、体格が大きい人でも対応が可能である。
腰掛けが折りたためる仕様のロングシートにも適用することが可能である。
技術概要
布製の区画ベルトと、該区画ベルトに印加される張力を検出する張力検知センサと、前記張力検知センサからの出力に基づいて、前記区画ベルトに張力が掛かるように動作する張力付与装置を具備することを特徴とする鉄道車両内のロングシートを仕切る区画ベルト。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT