コモンモードフィルタ

開放特許情報番号
L2015000645
開放特許情報登録日
2015/3/31
最新更新日
2016/9/6

基本情報

出願番号 特願2014-244766
出願日 2014/12/3
出願人 国立大学法人信州大学、独立行政法人国立高等専門学校機構
公開番号 特開2016-111418
公開日 2016/6/20
発明の名称 コモンモードフィルタ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 コモンモードフィルタ
目的 実用可能なフィルタ特性と高集積化が可能なコモンモードフィルタを提供する。
効果 本発明に係るコモンモードフィルタは、等価回路として2つのインダクタを含む簡素化した回路構成となることから、導体パターンを用いてインダクタとキャパシタとを構成することにより、高集積化されたデバイスにも容易に組み込むことができ、コモンモードの遮断作用とディファレンシャルモードの透過作用に優れたコモンモードフィルタとして提供することができる。
技術概要
信号を伝送する第1の伝送線路に設けた第1のキャパシタと、第2の伝送線路に設けた第2のキャパシタを挟む配置として、前記第1の伝送線路と前記第2の伝送線路との間を接続する第1のインダクタ及び第2のインダクタと、
前記第1の伝送線路と前記第2の伝送線路との間を交差して接続する交差線路の交差位置と、前記第1の伝送線路と前記第2の伝送線路とを結ぶそれぞれの線路上に設けた第3、第4、第5、第6のキャパシタと、
前記第1の伝送線路上と前記第2の伝送線路上において、前記第1のインダクタよりも入力側の位置、前記第2のインダクタよりも出力側の位置に、それぞれ設けた第7、第8のキャパシタと、第9、第10のキャパシタとを備え、
前記交差線路が交差位置において接地されていることを特徴とするコモンモードフィルタ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT