可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼの発現システム

開放特許情報番号
L2015000642
開放特許情報登録日
2015/3/31
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2014-248927
出願日 2014/12/9
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2015-130855
公開日 2015/7/23
発明の名称 可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼの発現システム
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼおよびその発現システム
目的 十分な比活性を有したNAD(H)やNADP(H)に依存しないで電子の授受を行う可溶型Mo/W−FDHの提供、および前記Mo/W−FDHの発現システムを提供する。
効果 本発明の可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼの発現システムによれば、十分な比活性を有する可溶型Mo/Wギ酸デヒドロゲナーゼを提供することができる。特に、可溶型Mo/Wギ酸デヒドロゲナーゼを簡易かつ短期間に、そして大量に提供することができる。
また、多数のアミノ酸置換体のライブラリーを構築することができ、有用な可溶型Mo/Wギ酸デヒドロゲナーゼ変異体の探索などを迅速に行うことができる。さらに、可溶型Mo/Wギ酸デヒドロゲナーゼの発現を制御するプロモーターを解析することにも有用である。
技術概要
ゲノム中のギ酸デヒドロゲナーゼ遺伝子を欠損した大腸菌、および、前記ギ酸デヒドロゲナーゼ遺伝子の膜貫通ドメインおよび膜サブユニットをコードする部分を欠損させた可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼ遺伝子を有するベクターを含む、可溶型ギ酸デヒドロゲナーゼの発現システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT