金担持シリコン粒子の製造方法

開放特許情報番号
L2015000636
開放特許情報登録日
2015/3/31
最新更新日
2016/6/24

基本情報

出願番号 特願2014-182991
出願日 2014/9/9
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2016-056056
公開日 2016/4/21
発明の名称 金担持シリコン粒子の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 金担持シリコン粒子の製造方法
目的 表面に金が担持したシリコン粒子を容易に製造することができる金担持シリコン粒子の製造方法を提供する。
効果 本発明に係る金担持シリコン粒子の製造方法によれば、シリコン粒子の表面に容易に金を担持させることができる。シリコン粒子の表面に担持された金は酸化膜を介することなくシリコン粒子上に担持されることから、シリコン粒子の導電性を確実に向上させることができる。
技術概要
金溶液にアルカリを投入して金溶液のpHを調整する工程と、
pHを調整した金溶液にシリコン粒子を投入し、シリコン粒子の表面に金を析出させる工程を備えることを特徴とする金担持シリコン粒子の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT