地上コイルの絶縁診断方法及びその装置

開放特許情報番号
L2015000513
開放特許情報登録日
2015/3/20
最新更新日
2015/3/20

基本情報

出願番号 特願2011-188489
出願日 2011/8/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-050383
公開日 2013/3/14
登録番号 特許第5687161号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 地上コイルの絶縁診断方法及びその装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 地上コイルの絶縁診断方法及びその装置
目的 現地の地上コイルを取り外すことなく、実負荷条件で絶縁診断を行うことができ、膨大な数の地上コイルを効率的に評価することができる、地上コイルの絶縁診断方法及びその装置を提供する。
効果 地上コイルを取り外すことなく、敷設状態で絶縁診断ができるため、実負荷と等価な条件下での評価が可能となる。
営業時の実編成車両又は総合検測用編成車両(ドクターイエローのリニア版)の走行により、効率的な絶縁診断が可能となる。
定期的な測定により、電磁波検出の経時変化から地上コイルの絶縁診断(例えば、寿命推定評価)が可能となる。
車両の走行状態での絶縁診断が可能となるため、膨大な数の地上コイルを効率よく評価できる。結果的に、保守コストの大幅低減やシステムの信頼性向上に寄与できる。
技術概要
地上コイルの絶縁診断方法において、磁気浮上式鉄道の軌道に敷設されている磁気浮上式鉄道の地上コイル1の近傍に所定間隔を設定して複数本の電磁波検出用アンテナ3,4を設置し、これらの電磁波検出用アンテナ3,4からの検出信号を情報処理装置5に取り込み、前記地上コイル1の部分放電に起因する電磁波の波形や信号強度を測定することにより前記地上コイル1の絶縁を診断する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT