直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システム

開放特許情報番号
L2015000421
開放特許情報登録日
2015/3/9
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2011-239891
出願日 2011/11/1
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-095265
公開日 2013/5/20
登録番号 特許第5752562号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システム
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 電力貯蔵装置の制御システム
目的 1台の電力貯蔵装置であっても、常に充電と放電の両者に対応可能であり、その充電により回生失効を回避するとともに、その放電により電車線電圧の変動を抑制することが可能な直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システム等を提供する。
効果 本発明によれば、自然エネルギー発電システムで得たエネルギーを常に活用することができ、また、1台の電力貯蔵装置であっても、常に充電と放電の両者に対応可能であり、その充電により回生失効を回避するとともに、その放電により電車線電圧の変動を抑制することが可能な直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システムを提供することができる。
技術概要
直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システムであって、
直流電気鉄道に設置され、電力変換器を有する電力貯蔵装置と、
前記電力貯蔵装置と接続され、配電線路との間に設置される第1の電力変換装置と、
前記直流電気鉄道の電車線電圧に応じて、前記電力貯蔵装置内の前記電力変換器のスイッチング動作を制御する第1の制御部と、
前記電力貯蔵装置の待機時充電量を監視し、前記電力貯蔵装置の待機時充電量に応じて、前記第1の電力変換装置のスイッチング動作を制御する第2の制御部と、
を具備し、
前記第1の制御部は、電車が電力回生を行う際には、回生電力を前記電力貯蔵装置に充電し、電車の力行による電車線電圧の電圧降下が生じた際には、前記電力貯蔵装置からの放電により電力補償を行い、
前記第2の制御部は、前記電力貯蔵装置の待機時充電量が所定値以上であれば、前記配電線路に放電し、前記電力貯蔵装置の待機時充電量が所定値以下であれば、前記配電線路からの充電を可能にすることを特徴とする直流電気鉄道用電力貯蔵装置の制御システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT