電気転てつ機のロック状態管理方法及び装置

開放特許情報番号
L2015000420
開放特許情報登録日
2015/3/9
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2011-241540
出願日 2011/11/2
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-095333
公開日 2013/5/20
登録番号 特許第5823823号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 電気転てつ機のロック状態管理方法及び装置
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 電気転てつ機のロック状態を管理する方法及びその方法を使用するための装置
目的 ロック状態の管理の自動化、ロックピースの鎖錠かんの切欠の基準位置からの変位量の正確な測定、正しいデータの数値管理が可能なロック状態管理方法を提供する。
効果 現場作業が簡易なため、測定ミスが発生することが無い。
また、ロック状態管理の自動化及び正しいデータの数値管理を行うことができる。
さらに、変位量の測定データとロック状態の画像とを同時に閲覧することができるため、測定データの正当性が第三者に対して保障できる。さらにまた、例えば過去の数年間のロック状態など、過去の履歴が正確な数値として確認できる。
技術概要
次の工程からなる。転てつ機の管理番号及びロック状態を撮影する第1工程。ロック状態を見て必要と判断し、変位量を調整した後、再びロック状態を撮影する第2工程。撮影した画像をコンピュータに取り込む第3工程。取り込んだ画像について次の内容の画像処理を次の手順で行う第4工程。画像についてフォルダを指定する処理。管理番号記載部分及びロック状態の画像の中からベストショット画像を選択する処理。転てつ機のベストショット画像から管理番号を読み取る処理。ロック状態のベストショット画像の画像から鎖錠かんの変位量を測定する処理。読み取った管理番号と測定した鎖錠かんの変位量をテキストデータに変換し、管理データリストを作成して記憶及び/又は出力する処理。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT