センサネットワークのセンサ設置位置決定方法

開放特許情報番号
L2015000417
開放特許情報登録日
2015/3/9
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2011-244354
出願日 2011/11/8
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-101466
公開日 2013/5/23
登録番号 特許第5819163号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 センサネットワークのセンサ設置位置決定方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 センサネットワークのセンサ設置位置決定方法
目的 センサの設置位置に関する注意箇所の重要度毎に要求されるセンサのカバー率を満たしつつ、設置費用を最小にするようにセンサの設置位置を決定するセンサネットワークのセンサ設置位置決定方法を提供する。
効果 (1)軍事モニタリング、フィールドモニタリング、構造物モニタリングなど活用範囲の広いセンサネットワークの構築・運用において、対象領域内の注意箇所の重要度を考慮したセンサのカバー率を達成することで、より効率的な情報収集を行うセンサネットワークを設計でき、事業者にとっても経費削減を図ることができる。
(2)設置箇所毎の費用の違いを考慮してセンサネットワークの設計を行うので、事業者にとって実情に即したコストプランを得ることができる。
技術概要
センサネットワークによりモニタリングの対象領域と、センサ設置候補箇所と、このセンサ設置候補箇所毎のセンサ設置コストと、センサによるモニタリングを行いたい注意箇所と、この注意箇所の重要度と、この注意箇所の重要度毎に求められるカバー率を入力情報とし、注意箇所の重要度毎に求められるカバー率を満たし、かつセンサ設置にかかる総費用の低減を図るようにセンサ設置位置の決定を行うようにしたことを特徴とするセンサネットワークのセンサ設置位置決定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT