鉄道列車の運転曲線の作成方法

開放特許情報番号
L2015000410
開放特許情報登録日
2015/3/9
最新更新日
2015/6/17

基本情報

出願番号 特願2011-261901
出願日 2011/11/30
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-115987
公開日 2013/6/10
登録番号 特許第5731365号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道列車の運転曲線の作成方法
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 鉄道列車の粘着引張力に基づいた運転曲線の作成方法
目的 鉄道列車の粘着引張力という客観的な指標に基づいた運転曲線の作成方法を提供する。
効果 鉄道車両の粘着引張力に基づいて、より実際の運転に即した運転曲線を作成することができる。
動力集中方式の列車に対して、より現実に近い運転曲線の作成が可能になり、担当者の経験などではなく、力学的な数値に基づいた基準運転時分の策定が可能となる。
海外においても適用が多い動力集中方式の列車における走行シミュレーションの精度向上にも寄与することができる。
また、動力集中方式の列車のみならず、動力分散方式の列車(電車列車など)においても雨天時などの粘着状態が低下した場合における走行シミュレーションが可能となる。
技術概要
鉄道列車の運転曲線の作成方法において、鉄道列車の力行が開始されると、ノッチ毎の引張力曲線データの提供(ステップS11)と、粘着引張力データの提供(ステップS12)とに基づいて引張力曲線と粘性引張力との比較を行う(ステップS13)。次いで、その比較により、その速度における鉄道車両の有効なノッチのうち最大のものを選択する(ステップS14)。次に、一定時間、該当するノッチを保持する(ステップS15)。上記したステップを繰り返し、次いで、力行が終了する(ステップS16)と、エンドとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT