支障地震計を補完する車両の速度規制基準値の自動変更方法

開放特許情報番号
L2015000409
開放特許情報登録日
2015/3/9
最新更新日
2015/3/9

基本情報

出願番号 特願2011-198517
出願日 2011/9/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-060051
公開日 2013/4/4
登録番号 特許第5690549号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 支障地震計を補完する車両の速度規制基準値の自動変更方法
技術分野 輸送、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 支障地震計を補完する車両の速度規制基準値の自動変更方法
目的 地震計の故障時や局所的停電時に地震が発生した場合でも、車両の走行を可能にし、安全性の確保を図ることができる、支障地震計を補完する車両の速度規制基準値の自動変更方法を提供する。
効果 地震計ネットワークにおいて地震計の故障や局所的停電等が発生しても、当該地震計ネットワークのエリアを走行する車両の速度規制基準値の変更を自動で行うことにより、車両の走行を可能にし、安全性を確保することができる。
技術概要
支障地震計を補完する車両の速度規制基準値の自動変更方法において、地震計ネットワーク内における地震計の故障時や局所的停電時に、支障地震計3の両側に配置された地震計2及び4が前記支障地震計3を補完するように前記両側に配置された地震計2及び4からの計測値に基づいて中央処理装置6から通信ネットワーク5を介して前記両側に配置された地震計2及び4に対して指令が出されることにより、前記地震計ネットワークのエリア内を走行する車両の速度規制基準値を自動変更する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT