加減速式手摺駆動装置

開放特許情報番号
L2015000393
開放特許情報登録日
2015/3/5
最新更新日
2015/3/10

基本情報

出願番号 特願2012-538530
出願日 2012/1/19
出願人 寺本 勝哉
公開番号 WO2012/124373
公開日 2012/9/20
登録番号 特許第5107485号
特許権者 寺本 勝哉
発明の名称 加減速式手摺駆動装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 加減速式手摺駆動装置
目的 曲線軌跡を加速、等速及び減速をする加減速エスカレータに適用でき、加速及び減速をショックなしに無段階で行うことができ、乗込み口から降り口まで手摺を持ち替える必要がない加減速式手摺駆動装置を提供する。
効果 ピボット間の距離を連続的に変化させ、伸縮リンクチェーンの走行方向速度の加速及び減速をショックなしに無段階で行うことができる。
また、ピボットを加速又は減速する加減速装置を備えるので、加減速エスカレータに適用することができる。
また、加減速装置が、ピボットに対する第1押し金具の傾きの揺動角度の変化によりピボットを加速又は減速させてピボット間の距離を連続的に変化させるので、曲線軌跡でも使用することができる。
技術概要
乗込み口側と降り口側にそれぞれ設けられ水平軸を中心に回転する1対の円板形プーリと、
円板形プーリの間にエンドレスに掛けわたされた伸縮リンクチェーンと、
伸縮リンクチェーンの外側に取付けられ、その走行方向に間隔が無段階に伸縮する複数の可撓性手摺ベルト部材と、を備え、
伸縮リンクチェーンは、互いに直列に連結された複数の伸縮リンクからなり、各伸縮リンクは、長さ方向で自在に伸縮可能であり、かつそれぞれピボットを有しており、
さらに、ピボットを加速又は減速する加減速装置を備え、
加減速装置は、所定の第1軌跡に沿ってエンドレスに案内された第1軌跡チェーンと、末端が第1軌跡チェーンに揺動可能に取り付けられ外方に延びる棒状の第1押し金具とを有し、
第1押し金具の先端は、ピボットに着脱可能に係合するようになっており、
ピボットに対する第1押し金具の揺動角度の変化によりピボット間の距離を連続的に変化させて、ピボットを加速又は減速する、ことを特徴とする加減速式手摺駆動装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 

登録者情報

登録者名称 寺本 勝哉

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT