可変速式動く歩道の手摺装置

開放特許情報番号
L2015000391
開放特許情報登録日
2015/3/5
最新更新日
2015/3/5

基本情報

出願番号 特願2008-185541
出願日 2008/7/17
出願人 寺本 勝哉
公開番号 特開2010-023965
公開日 2010/2/4
登録番号 特許第4396902号
特許権者 寺本 勝哉
発明の名称 可変速式動く歩道の手摺装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 可変速式動く歩道の手摺装置
目的 加速及び減速をショックなしに無段階で行うことができ、乗込み口から降り口まで手摺を持ち替える必要がなく、柔らかい手袋や袖口であっても機構部分に巻き込まれるおそれがない可変速式動く歩道の手摺装置を提供する。
効果 伸縮リンクチェーンの走行方向速度の加速及び減速をショックなしに無段階で行うことができる。
歩行者は強いショックを受けることなく握り部を握ったまま、乗込み口から降り口まで移動でき、歩行者は緊張を大幅に緩和できる。
柔らかい手袋や袖口であっても機構部分(伸縮リンク)に巻き込まれるおそれを無くすことができる。
手摺は棒状にできるため生活弱者から健常者まで使いやすく安全性が高まる。
技術概要
乗込み口側と降り口側にそれぞれ設けられた水平軸を中心に回転する1対の円板形プーリ10と、円板形プーリの間に水平かつエンドレスに掛けわたされた伸縮リンクチェーン20と、伸縮リンクチェーンをその長さ方向に駆動するリンクチェーン駆動装置30とを備える。伸縮リンクチェーン20は、互いに直列に連結された複数の伸縮リンク22からなり、各伸縮リンク22は、長さ方向に伸縮可能であり、かつそれぞれ駆動ローラ24を有する。リンクチェーン駆動装置30は、駆動ローラ24と係合して駆動ローラ間のピッチPを連続的に変化させて加速又は減速するスパイラルシャフト32を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 寺本 勝哉

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT