受信装置と、これを用いた電子機器

開放特許情報番号
L2015000387
開放特許情報登録日
2015/3/4
最新更新日
2015/3/4

基本情報

出願番号 特願2010-508102
出願日 2009/4/8
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 WO2009/128222
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5488459号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 受信装置と、これを用いた電子機器
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 信号を受信する受信装置とこれを用いた電子機器
目的 受信性能を向上させることができ、デジタルテレビ放送受信機器等の電子機器に利用することができる受信装置を提供する。
効果 この受信装置は、複数の受信周波数帯域を同時に復調することができ、例えば、選局時間の短縮効果がある。
また、この受信装置は1つの発振部で、同時に複数周波数帯域の信号を受信することができ、その回路規模を削減させることができる。
そのため、デジタルテレビ放送受信機器等の電子機器に利用することができる。
技術概要
同時に複数チャンネルの信号を受信する受信装置であって、
局部発振信号を生成する発振部と、
前記局部発振信号を用いて複数周波数帯域の受信信号を中間周波数(IF)信号に周波数変換する周波数変換部と、
前記周波数変換部の出力側に接続されてカットオフ周波数が可変であるフィルタと、
前記フィルタの出力側に接続されて複数周波数帯域のアナログ信号をデジタル信号に変換するアナログデジタル(AD)変換部と、
前記AD変換部の出力側に接続されて信号レベルを検出する前段検出部と、
前記前段検出部が検出した信号レベルに基づいて、前記フィルタのカットオフ周波数を制御する制御部と、を備え、
前記フィルタのカットオフ周波数を延長することのできる限界以上の周波数間隔だけ離れた位置にある複数の周波数帯域の信号を同時に受信する場合、前記制御部は前記フィルタのカットオフ周波数を延長しない、
受信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT