ダイバーシティアンテナ装置と、これを用いた電子機器

開放特許情報番号
L2015000383
開放特許情報登録日
2015/3/4
最新更新日
2015/3/4

基本情報

出願番号 特願2008-265984
出願日 2008/10/15
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2010-098411
公開日 2010/4/30
登録番号 特許第5380997号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 ダイバーシティアンテナ装置と、これを用いた電子機器
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 小型で且つ受信性能の優れた最大比合成方式又は等利得合成方式のダイバーシティアンテナ装置を提供する。
目的 小型で且つ受信性能の優れた最大比合成方式又は等利得合成方式のダイバーシティアンテナ装置を提供する。
効果 本発明のダイバーシティアンテナ装置は、例えば、2本のモノポールアンテナのような小型なアンテナエレメント(それぞれのアンテナエレメントの偏波は直交及び平行ではない)を用いても、2つのモノポールアンテナの合成の放射パターンにおいては、給電のモード(偶モード及び奇モード)により直交する2つの偏波を得る事ができる。故に、最大比合成方式および等利得合成方式のダイバーシティ方式において、良好な受信特性を得る事ができ、小型の通信端末などに利用する事ができる。
技術概要
本発明のダイバーシティアンテナ装置1は、第1アンテナエレメント2と、第2アンテナエレメント3と、第1アンテナエレメント2に電気的に接続された第1可変移相器4と、第2アンテナエレメント3に電気的に接続された第2可変移相器5と、第1可変移相器4の出力信号と第2可変移相器5の出力信号とを合成する合成器6と、合成器6の出力側に電気的に接続される信号処理部7とを有し、第1アンテナエレメント2の入力インピーダンスと第2アンテナエレメント3の入力インピーダンスとは概ね同一値であり、第1アンテナエレメント2と第2アンテナエレメント3のそれぞれの偏波は互いに直交せず、または互いに平行ではない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT