送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2015000362
開放特許情報登録日
2015/2/26
最新更新日
2015/2/26

基本情報

出願番号 特願2011-072436
出願日 2011/3/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-209675
公開日 2012/10/25
登録番号 特許第5615749号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置及び受信装置
目的 単一の搬送波の伝送容量を超える容量のトランスポートストリームを分割してフレームに多重化し、複数の搬送波を用いて伝送する場合に、全てのフレームを同期させることが可能な送信装置及び受信装置を提供する。
効果 複数の搬送波を用いて伝送する場合に、全てのフレームを同期させることが可能となる。
また、受信装置が、同期した複数のフレームから所望のトランスポートストリームを取り出すことが可能となる。
また、既存のSTBとの互換性を持たせることができる。
技術概要
送信装置1−1のフレーム・スロット割当部10は、予め設定された搬送波1〜Nの伝送速度情報に基づいて、系統毎のスーパーフレーム中のフレーム数及びフレーム位置を決定し、予め設定されたTS1〜Mの容量に基づいて、TS1〜Mの各パケットを割り当てるスーパーフレームにおけるフレーム中のスロット数及びスロット位置を決定する。多重化部12は、スロット割当情報に基づいて、多重フレームヘッダ及びTS1〜Mのパケットを多重化して系統毎のスーパーフレームを生成し、QAM変調部13−1〜13−Nは、系統毎の変調方式にて変調する。系統毎のスーパーフレームは、異なる搬送波1〜Nにより送信される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT