非圧縮データ送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2015000354
開放特許情報登録日
2015/2/26
最新更新日
2015/2/26

基本情報

出願番号 特願2010-254989
出願日 2010/11/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-109676
公開日 2012/6/7
登録番号 特許第5624433号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 非圧縮データ送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 非圧縮データを送信する装置及び受信する装置
目的 非圧縮データを、光通信網等を用いて効率的に長距離伝送する。
効果 伝送フレーム及びクロックの変換を行うようにし、光通信網等を用いて長距離伝送することが可能となる。また、OC−192回線で構成される公衆網は既に普及しているから、そこで使用されている機器及び部品をそのまま用いることができ、光ファイバ専用線へ伝送する場合に比べて、低廉化を実現することができる。したがって、広域網をそのまま利用することができ、効率的な長距離伝送を実現することができる。
技術概要
OC−192フレーマ115は、SDI/OC−192クロック変換部114から収容ワード数を入力し、所定のタイミングクロックを出力指示としてSDI/OC−192クロック変換部114に出力すると共に、この出力指示に対応するデータ及びRTS値を入力し、タイミングクロック毎に、収容ワード数、データ及びRTS値等をタイミングクロックに対応する位置に収容し、OC−192フレームを生成してスクランブラ116に出力する。これにより、SDIクロックによるHD−SDI信号のデータ列をOC−192基準クロックによるデータ列に変換することができ、クロック変換を実現することができる。そして、OC−192フレームの光信号は、伝送路3を介して受信装置2へ送信される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT