人物動作検出装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2015000345
開放特許情報登録日
2015/2/26
最新更新日
2015/2/26

基本情報

出願番号 特願2010-234240
出願日 2010/10/19
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-088881
公開日 2012/5/10
登録番号 特許第5604256号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 人物動作検出装置およびそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 人物動作検出装置およびそのプログラム
目的 カメラで撮影された映像から人物の動作を検出する人物動作検出装置を提供する。
効果 精度の高い特徴量を用いることで、映像から、高精度に人物の動作を検出することができる。
映像内に複数の人物が存在している場合であっても、動作が完了したタイミングで人物の動作を個別に検出することができる。
ある動作がノイズによって発生した動作なのか、人物の手の動きによって発生したものかを区別して、正確に学習データの動作を再現した場合でなくても、おおまかな動きであっても、動きを判別することができる。
技術概要
人物動作検出装置1は、映像のフレーム画像ごとに、特徴点の軌跡を特徴点軌跡情報として生成する特徴点軌跡情報生成手段10と、特徴点の移動ベクトルの向きおよび大きさを、その取り得る範囲を予め定めた数に分割した範囲幅ごとに累計して軌跡特徴量を生成する特徴量抽出手段20と、複数の軌跡特徴量を予め定めた数のクラスタにクラスタリングしておき、既知の動作を構成する複数の軌跡特徴量をクラスタごとに累計した分布を予め学習データとして記憶する学習データ記憶手段40と、所定時間区間内の複数の軌跡特徴量から、当該軌跡特徴量が属するクラスタを累計した分布を生成し、学習データと比較することで、人物の動作を識別する動作識別手段30と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT