概念処理装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2015000337
開放特許情報登録日
2015/2/26
最新更新日
2015/2/26

基本情報

出願番号 特願2010-277233
出願日 2010/12/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-128509
公開日 2012/7/5
登録番号 特許第5577228号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 概念処理装置及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 概念処理装置及びプログラム
目的 出来事に関する内容を説明する際に、その説明をどのように構成したらよいかの適切な構成要素を得ることができる概念処理装置及びコンピュータプログラムを提供する。
効果 本発明によれば、ある出来事を説明するために出来事に関する内容を説明する際に、その説明をどのように構成したらよいかの適切な構成要素を得ることが可能となる。
様々な種類のニュースイベントクラスの構造を自動で獲得することが可能となり、ニュースオントロジーの構築を効率化することが可能となる。
技術概要
概念処理装置1の抽出部3は、ある種類の出来事を説明している記事データから目次などを示す項目名データを抽出し、抽出した各項目名データが記事データに出現する数をカウントする。一般化処理部4は、抽出された項目名データを比較し、項目名の一部が重複、あるいは、上位概念が共通する場合、項目名データを統合してニュース要素候補データを得る。また、各ニュース要素候補データの出現数を、そのニュース要素候補データに統合された項目名データそれぞれの出現数の合計により算出する。オントロジー生成部5は、出現数が所定より多いニュース要素候補データをニュース要素データとして選択し、出来事の種類のデータを上位階層とし、ニュース要素データを下位階層としたオントロジーを生成してオントロジー記憶部8に書き込む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT