音響信号変換装置及び音響信号変換プログラム

開放特許情報番号
L2015000333
開放特許情報登録日
2015/2/26
最新更新日
2015/2/26

基本情報

出願番号 特願2010-173946
出願日 2010/8/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-034295
公開日 2012/2/16
登録番号 特許第5658506号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音響信号変換装置及び音響信号変換プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 音響信号変換装置及び音響信号変換プログラム
目的 多チャンネル音響信号をダウンミックスする場合に最適な音響に変換する。
効果 本発明によれば、多チャンネル音響信号をダウンミックスする場合に、2つの異なる信号レベルのミックスバランスを劣化させずに最適な音響に変換することができる。
なお、本発明の構成要素、表現又は構成要素の任意の組み合わせを、方法、装置、システム、コンピュータプログラム、記録媒体、データ構造等に適用したものも本発明の態様として有効である。
技術概要
第1の信号レベルと第2の信号レベルとからなる音響信号を予め設定されたチャンネル数に対応させて変換する音響信号変換装置において、第1のチャンネル数に対応する音響信号から第2のチャンネル数に対応する音響信号にダウンミックスされたときの前記第1の信号レベルの音響信号と、前記第2の信号レベルの音響信号とに対する信号レベルのミックスバランスを測定するバランス測定手段と、測定結果に基づいて前記第1又は第2の信号レベルのゲイン調整量を算出するゲイン調整量算出手段と、ゲイン調整量に基づいて前記第1又は第2の信号レベルのゲインを調整するゲイン調整手段と、ゲイン調整された音響信号を用いて、前記第1及び前記第2の信号レベルの音響信号を合成し、前記第2のチャンネル数に対応する音響信号を出力する合成手段とを有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT