癌転移抑制剤

開放特許情報番号
L2015000319
開放特許情報登録日
2015/2/25
最新更新日
2015/2/25

基本情報

出願番号 特願2014-102285
出願日 2014/5/16
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2014-240383
公開日 2014/12/25
発明の名称 癌転移抑制剤
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 癌転移抑制剤
目的 癌転移の制御に効果を有する化合物を提供し、該化合物を含む癌治療用組成物を提供する。
効果 ミルタザピン若しくはその薬理学的に許容される塩またはそれらの溶媒和物を癌転移抑制に有効な量で投与することにより癌転移抑制および癌治療が可能になる。また、ミルタザピン処理による副作用はほとんど認められなかったことから、癌転移抑制および癌治療に有用である。
薬剤の服用という非常に簡便な方法のみで癌の転移および浸潤を抑制することができる。そのため、癌治療において、手術範囲の軽減による機能温存、放射線療法および化学療法などの治療内容の軽減、並びに生命予後の改善を見込むことができる。
技術概要
ミルタザピン若しくはその薬理学的に許容される塩またはそれらの溶媒和物からなる癌転移抑制剤、該癌転移抑制剤を含む癌治療用組成物、該癌転移抑制剤と付加的な抗癌活性成分を含む製剤とを組み合わせたことを特徴とする併用投与用癌治療剤、癌転移抑制および癌治療におけるミルタザピン若しくはその薬理学的に許容される塩またはそれらの溶媒和物の使用、並びにミルタザピン若しくはその薬理学的に許容される塩またはそれらの溶媒和物を癌疾患であると判定された対象に癌転移抑制に有効な量で投与することを含む癌転移抑制方法および癌治療方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT