EuIII錯塩及びそれを用いた発光素子、並びに発光増強剤

開放特許情報番号
L2015000313
開放特許情報登録日
2015/2/24
最新更新日
2015/2/24

基本情報

出願番号 特願2010-171584
出願日 2010/7/30
出願人 日華化学株式会社、公立大学法人福井県立大学
公開番号 特開2012-031091
公開日 2012/2/16
登録番号 特許第5669177号
特許権者 日華化学株式会社、公立大学法人福井県立大学
発明の名称 EuIII錯塩及びそれを用いた発光素子、並びに発光増強剤
技術分野 有機材料、電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 Eu↑III錯塩及びそれを用いた発光素子、並びに発光増強剤
目的 高い発光強度と優れた有機媒体への相溶性とを有する発光性Eu↑III錯塩及びそれを用いた発光素子、並びにトリスβ−ジケトナトEu↑III錯体に対する発光増強剤を提供する。
効果 本発明によれば、高い発光強度と優れた有機媒体への相溶性とを有する発光性Eu↑III錯塩及びそれを用いた発光素子、並びにトリスβ−ジケトナトEu↑III錯体に対する発光増強剤を提供することが可能となる。
また、本発明の発光性Eu↑III錯塩及びトリスβ−ジケトナトEu↑III錯体の発光増強剤は優れた有機媒体への相溶性を有すると共に、加熱による昇華がおこりにくく、また、水や空気に対する安定性に優れるため、容易に透明性及び発光強度が高く且つ高い発光強度が持続する発光素子を製造することができ、非常に有用である。
技術概要
トリスβ−ジケトナトEu↑III錯体及び該錯体に配位している有機酸アニオンからなるEu↑III錯イオンと、第4級アンモニウムカチオンとからなり、且つ、前記有機酸アニオンが、(2−エチルヘキシル)スルホコハク酸、(2−エチルヘキシル)リン酸、及びベンゾトリアゾールなどのうちの少なくとも1種であることを特徴とする発光性Eu↑III錯塩。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日華化学株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT