二重フレーム式のホイールコンベア

開放特許情報番号
L2015000267
開放特許情報登録日
2015/2/20
最新更新日
2015/2/20

基本情報

出願番号 特願2010-269003
出願日 2010/12/2
出願人 大口 元気
公開番号 特開2012-116635
公開日 2012/6/21
登録番号 特許第5687477号
特許権者 大口 元気
発明の名称 二重フレーム式のホイールコンベア
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 ホィールコンベア 
目的 生産工場や物流倉庫で多用されている搬送レーンやパイプ棚に組み込まれている、ローラー式のコンベアを改良したものである。
従来からさまざまな改良製品が販売されているが、本件発明は従来製品のさまざまな改良機能を併せ持ち、かつ従来になかった機能を加えたものである。
効果 ・丸/角パイプなどの構造枠に取り付けられた使用状態で個別のローラー1個単位で交換ができるので修理にかかる工数が最少
・廃棄分別に際し全部品分解が容易で、リサイクル率が上がる
・金属同士の摺動摩擦を押さえ、発塵や騒音が少ない
・ローラー径やピッチ・全長など多種の品揃えニーズに対し、内外フレームに分けて在庫することで在庫の効率化が可能
・リユースに際し短尺→長尺への組み換え工数が従来の1/3以下
・本製品の組立て工程は単純な一方向圧入となり、低コストの組立て機で
 多種類生産ができる。
技術概要
 
従来のホィールコンベアにおいて、フレームは一個の部品となっていた。
効果欄に述べた機能改良を実現するため、フレームを柔・硬の2重構造とし、
それぞれに機能を分担させた。
また内フレームが柔軟な材質であることを利用し、軸受け穴周辺の形状を工夫することで多機能なホィールコンベアを実現した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】応談
希望譲渡先(国内) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 専用実施権許諾を希望
その場合の対価として一時金とランニングの両方を希望します。
対価条件(ランニング) 【要】売上の3%+最低額保障
希望譲渡先(国内) 【可】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 半分解(内外フレームの分離)で長短の組み換えが可能であり
使いまわしの工数が最少で済む
改善効果2 使用状態のまま個別ホィールの取り外しが可能で、修理にかかる時間が最少で済む
改善効果3 数十個のホィールを同時に分解することが可能で、分別解体が容易となり、リサイクル率が向上

登録者情報

登録者名称 大口 元気

事業化情報

質的条件
その他情報 【要】特許査定をいただき、登録手続き中。
手続き補正あり、請求項は4項目に補正されています

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT