工具無しで分解組立可能な低吐出量用液体材料噴射バルブ

開放特許情報番号
L2015000265
開放特許情報登録日
2015/2/18
最新更新日
2015/2/18

基本情報

出願番号 特願2013-531203
出願日 2012/8/14
出願人 Shimada Appli合同会社
公開番号 WO2013/031531
公開日 2013/3/7
登録番号 特許第5661186号
特許権者 Shimada Appli合同会社
発明の名称 工具無しで分解組立可能な低吐出量用液体材料噴射バルブ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 低吐出量用液体材料噴射バルブ
目的 工具無しで容易に分解組立が可能であり、清掃や洗浄などのメンテナンス作業のし易い低吐出量用液体材料噴射バルブを提供する。
効果 本発明の工具無しで分解組立可能な低吐出量用液体材料噴射バルブによれば、工具無しで容易に分解組立が可能であり、清掃や洗浄などのメンテナンス作業のし易い低吐出量用液体材料噴射バルブを提供することができる。
また、部品点数を少なくして各部品の組立に必要とする固定用ねじを極力無くし、人間の手作業によってワンタッチで分解組立が出来る。
スプレー塗布で均一に薄く1mm〜9mm程度の線状パターンの成膜を形成することができる。
技術概要
ピストン体を上下動可能に内装してなるシリンダ部と、前記シリンダ部の基端側に嵌着せしめられ、前記ピストン体を上下動せしめるためのマイクロアジャストメント機構を有するアジャスタ部と、前記シリンダ部の先端側に嵌着せしめられ、液体材料源からの液体材料を流入せしめる液体材料流入部と圧縮空気源からの圧縮空気を流入せしめるエアー流入部とを有するフルイドボディ部と、前記フルイドボディ部に連通して取り付けられ、開口部を有する吐出ノズルと、前記ピストン体の軸心に嵌挿せしめられ、先端が前記吐出ノズルの開口部まで到達するニードル体と、を備えた液体材料噴射バルブ本体と、前記アジャスタ部とフルイドボディ部がシリンダ部から外れるのを防止するため、アジャスタ部とフルイドボディ部とを固定するための抑え部材と、を含んでなり、前記アジャスタ部と前記フルイドボディ部とが円環状の外周を有し、前記円環状の外周に凹部を設けるとともに、前記抑え部材が前記凹部に係着する係着部材を有し、前記係着部材を前記凹部に係着せしめることで、前記液体材料噴射バルブ本体が前記抑え部材に嵌着支持されることを特徴とする工具無しで分解組立可能な低吐出量用液体材料噴射バルブ。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT