車軸軸受の異常を検知する方法及びシステム

開放特許情報番号
L2015000246
開放特許情報登録日
2015/2/17
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2012-017116
出願日 2012/1/30
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-156161
公開日 2013/8/15
登録番号 特許第5832319号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車軸軸受の異常を検知する方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両の車軸軸受の異常を検知する方法及びシステム
目的 鉄道車両において、音響的な外乱を極力排除すると共に車輪踏面状態のばらつきに起因する転動音の変動を考慮しつつ、マイクロホンで検出した車両走行音から車軸軸受の異常を検知する方法及び軸受監視システムを提供する。
効果 鉄道車両において、音響的な外乱を極力排除すると共に車輪踏面状態のばらつきに起因する転動音の変動を考慮しつつ、マイクロホンで検出した車両走行音から車軸軸受の異常を検知する方法及び軸受監視システムを提供することができる。
本発明の軸受監視システムでは、異常検知装置により自動的に車軸軸受の異常を検知することができる。また、軸受監視システムによって、軸受監視方法を自動的に実施することもできる。
技術概要
鉄道車両(1)の車軸軸受(7)の異常を検知するための軸受監視方法は、レール(11)の脇にマイクロホン(31)を設置する段階と、レールとマイクロホンとの間に遮音装置(51)を設置する段階と、マイクロホン(31)によって車両走行音を検出する車両走行音検出段階と、レールに設置された転動音相当値検出器(71)によって転動音相当値を検出する転動音相当値検出段階と、前記車両走行音及び前記転動音相当値に基づいて、車軸軸受(7)の異常を検知する異常検知段階とを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT