制振制御装置及び制振制御方法

開放特許情報番号
L2015000207
開放特許情報登録日
2015/2/10
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2012-090726
出願日 2012/4/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-216284
公開日 2013/10/24
登録番号 特許第5894844号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 制振制御装置及び制振制御方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 鉄道車両の枕木方向の振動を制御する制振制御装置及び制振制御方法
目的 著大な左右相対変位の発生時に左右動ストッパのストッパ当たりに起因して発生する衝撃的な振動を緩和した制振制御装置等を提供する。
効果 本発明によれば、著大な左右相対変位の発生時に左右動ストッパのストッパ当たりに起因して発生する枕木方向の振動を緩和した制振制御装置及び制振制御方法を提供することができる。
技術概要
軸箱支持装置を介して輪軸が取り付けられる台車枠と、
前記台車枠に対して枕木方向に相対変位可能に取り付けられた車体と、
前記台車枠と前記車体との枕木方向の相対変位量を規制する左右動ストッパとを有する鉄道車両に設けられ、
前記台車枠と前記車体とを枕木方向に相対変位させる力を発生する左右動アクチュエータと、
前記左右動アクチュエータを制御する左右動アクチュエータ制御手段と
を備える制振制御装置であって、
所定以上の台車枠と車体との間の左右相対変位の発生を予測する著大左右相対変位発生予測手段を有し、
前記左右動アクチュエータ制御手段は、著大な左右相対変位の発生が予測される場合に、前記左右動アクチュエータを制御して著大な左右相対変位の発生に先立って前記車体を前記台車枠に対して著大な左右相対変位が発生する方向と逆側に相対変位させること
を特徴とする制振制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT