トロリ線の静高さの推定方法及び推定装置

開放特許情報番号
L2015000199
開放特許情報登録日
2015/2/10
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2012-122618
出願日 2012/5/30
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-244952
公開日 2013/12/9
登録番号 特許第5885592号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 トロリ線の静高さの推定方法及び推定装置
技術分野 輸送
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 トロリ線の静高さを推定する方法及び装置
目的 検測車によって測定可能な物理量をもとにして、簡便にトロリ線の静高さを推定できる方法及び装置を提供する。
効果 本発明によれば、検測車による計測あるいは予め実測して得られた値を用いて、トロリ線の静高さを推定することができる。したがって、簡便かつ効率的に、広い範囲にわたるトロリ線の静高さを得ることができる。
技術概要
電気鉄道を走行する車両のパンタグラフの高さを測定した結果に基づいて、該鉄道の線路に沿ったトロリ線摺動面の高さの分布を推定する方法であって、
ア)前記車両走行時において前記パンタグラフのすり板上面の動的な高さ(パンタグラフ動高さ)hdを、前記線路に沿って測定し、
イ)前記車両走行時における前記パンタグラフと前記トロリ線との接触力Fcを測定し、
ウ)前記車両の走行速度を加味した前記トロリ線の等価ばね定数k↓(bar)を得ておいて、前記パンタグラフによって前記トロリ線が押し上げられている寸法(動押上量)をFc/k↓(bar)と推定し、
エ)前記パンタグラフが押し上げていない状態における前記トロリ線の摺動面の前記鉄道軌道からの高さである静高さHsを、前記車両のパンタグラフを除いた高さHt、及び、上記各種値から、
Hs=Ht+hd−Fc/k↓(bar)
と推定することを特徴とするトロリ線の静高さの推定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT