連続補強土一体橋梁

開放特許情報番号
L2015000187
開放特許情報登録日
2015/2/10
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2012-162350
出願日 2012/7/23
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2014-020168
公開日 2014/2/3
登録番号 特許第5829187号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 連続補強土一体橋梁
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 連続補強土一体橋梁
目的 複数の一体型橋梁を一つの橋台で受け持つ構造とし、一体型橋梁である利点を有するとともに、橋台が増える不利な点を克服した連続補強土一体橋梁を提供する。
効果 長いスパンの補強土一体橋梁が構築できる。つまり、補強土一体橋梁の特徴をそのまま利用しながら、様々な大きさの橋梁の構築が可能となる。また、長大スパンとなることによる桁の温度変化や水平力の増大を分割することにより低減すると同時に、複数個の補強土一体橋梁を構築することによる不経済性や接続部の課題を克服することができる。
技術概要
支持地盤1上に配置される複数の橋台と橋桁を一体化した一体橋梁2と、この一体橋梁2の背面に配置される補強材3と、隣接する前記一体橋梁2間の中央部に配置される土もしくはセメント改良土からなるアプローチブロック4と、両端の前記一体橋梁2の背面に前記補強材3を介して構築される補強盛土5とを具備する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT