被覆材評価方法及び装置

開放特許情報番号
L2015000175
開放特許情報登録日
2015/2/10
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2012-077909
出願日 2012/3/29
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2013-205388
公開日 2013/10/7
登録番号 特許第5921932号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 被覆材の評価方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 被覆材の性能を容易に判断することができる評価方法及び装置
目的 タイル等の被覆材の形態毎の悪臭発生程度を簡単に測定及び評価することができ、これによって駅などの公的トイレでの使用に適したタイルを容易に選択することができるタイル評価方法及び装置を提供する。
効果 トイレから被覆材を剥がすこと無く、被覆材の形態毎の悪臭発生程度を数値により正確に評価することができ、これによって駅などの公的トイレでの使用に適した被覆材を容易に選択することが可能となる。
また、試験片から発生する臭気成分の測定を、外気に影響されることなく正確に行うことができる。
また、試験片から発生する臭気をタイプ毎に評価することによって、公的トイレでの使用に適した最適な被覆材を選択することができる。
技術概要
トイレの壁面、床面などの露出面に、サンプルとなる被測定試験片Aを設置した状態で、該試験片Aが内部に位置するように、底部に開口部4を有するチャンバ1(測定容器)を配置した後、該チャンバ1内に清浄な空気を送って内部の空気と置換し、その後、既定時間内において該チャンバ1内の試験片Aから発生した空気を分析して臭気成分の量を測定することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT