微小変位移動機構

開放特許情報番号
L2015000072
開放特許情報登録日
2015/1/21
最新更新日
2016/7/29

基本情報

出願番号 特願2014-208671
出願日 2014/10/10
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-080382
公開日 2016/5/16
発明の名称 微小変位移動機構
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 圧電素子を駆動源とした微小変位機構
目的 圧電駆動ユニットを備えた微小変位移動機構において、圧電素子に電圧を印加することなく最適位置への位置決めを継続できるようにする。
効果 最適位置に調整後、圧電素子に対する電圧印加を停止することができるので、圧電素子に印加する電圧信号に重畳されるノイズを効果的に抑制することができる。
技術概要
微小変位移動機構は、進行方向の前後に第1、第2の圧電駆動ユニットを備え、両圧電駆動ユニット間を第3の圧電駆動ユニットで接合し、第1、第2の圧電駆動ユニットで移動経路を固定解除するとともに、第3の圧電駆動ユニットにより進行方向の移動を行う。第1、第2の圧電駆動ユニットは、圧電素子11に給電したときに収縮して移動経路との固定を解除するとともに、圧電素子11への給電を停止したときに伸張して移動経路に固定するフレーム10を有する構造体を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT