合金ナノ粒子含有カーボン電極、当該電極を含む装置、及び、当該電極の製造方法

開放特許情報番号
L2015000066
開放特許情報登録日
2015/1/21
最新更新日
2016/7/29

基本情報

出願番号 特願2014-203328
出願日 2014/10/1
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-070885
公開日 2016/5/9
発明の名称 合金ナノ粒子含有カーボン電極、当該電極を含む装置、及び、当該電極の製造方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 合金ナノ粒子含有カーボン電極、当該電極を含む装置、及び、当該電極の製造方法
目的 電極として十分な導電性および測定安定性を有し、なおかつ生体分子に対して優れた電極触媒活性を有する合金ナノ粒子含有カーボン電極、及び、その簡便な製造方法を提供する。
効果 合金ナノ粒子の修飾の工程を経ることなく、生体分子の電気化学測定に優位な合金ナノ粒子を含有するカーボン電極を容易に作製できる。
合金ナノ粒子の含有量を再現性良く制御できる。
繰り返しの使用による金属成分の溶出を抑えることができ、より安定した測定を可能とする。
技術概要
電気化学測定用の合金ナノ粒子含有カーボン薄膜電極であって、当該カーボン薄膜電極は、炭素間の結合様式についてsp2結合とsp3結合とが混在する微結晶ドメインより構成されており、これによりグラファイトカーボン電極およびグラッシーカーボン電極よりも広い範囲の電位窓を有し、かつ、少なくとも二種の金属成分からなる合金ナノ粒子を含有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT